ヒカリヲツカメ

東京の隅っこからおくる日常の切れ端たち

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 18 hours | TOP | チューハイ三杯水一杯 >>

2010.03.04 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2005.11.05 Saturday

あるけあるけ

今日も飯田橋から東大前までてくてくおさんぽしてきました。
でもヒールの高いブーツを履いていたせいで足の裏が痛し・・・。

さてさて。
最近ちょこっとがんばっていることはipodでの英語リスニング。
探せば教材(になるもの)がフリーでごろごろ転がっているので、
メモ帳機能とリンクさせて学校の行き帰りに聞いています。
目標は毎日一つなのですが、アップロードされる
ネットラジオ?みたいなものを毎日ipodに転送する暇がないこともあって
週に3日出来れば上々といったレベルに収まっちゃうんですよねー。
ちょっと生活習慣変えなきゃな。
とりあえず、週1(木曜夜→金曜朝)で半徹する習慣は直そう。
いくら追い込まれればやるからって、睡眠時間を削るのはまずい。
って、直せるの?自分。うーん。がんばろヽ( ´ー`)ノ

そう。今日は英語のスピーキングの授業で、クラスメイトのスピーチに
思わず聞き惚れてしまいました。もう、すっごいロジカルで分かりやすいんです!
感動しました。あんな賢いスピーチが出来るようになりたいものだわ。
やっぱり、誰かに何かをわかりやすい形で伝えるには、
本質を見抜く洞察眼と、主張を適切にサポートできるだけの
知識(他のリソースへのアクセスの仕方も含めて)が必要とされてるんですよね。
あーっ、私もがんばらなきゃぁ。
授業に限らず、サークルにしても私の周囲の人たちは
ホント向学心・向上心に満ち溢れてて、弛みそうになったときには
いつも大いに刺激をもらってます。

そして明日は私の親友の歓送会。
中華学校での苦楽を共にしたかけがえのない友がまた一人、
日本を、私の元を去っていくのです。
ううん、でもこれが最後じゃない。
そのうちバイトでもなんでもして、会いに行ってきますよ絶対に。
お世話になった恩師や先輩と、秋葉原でまーったり飲んできます。
ふふ、今からちょっと楽しみですv

2010.03.04 Thursday

スポンサーサイト


00:12 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://you-and-i.jugem.jp/trackback/30

トラックバック

中華学校
中華学校中華学校(ちゅうかがっこう)は、孫文の提唱により作られた華僑子女のための教育機関。その後の歴史的経緯から、中華人民共和国系と中華民国(台湾)系の学校が存在する。中国・台湾の経済成長に着目し、子弟を中華学校に通わせる日本人も増えている。.wikilis
(学校にいこうぜ! 2006/01/10 7:10 PM)

▲top