ヒカリヲツカメ

東京の隅っこからおくる日常の切れ端たち

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あしたは | TOP | 救急車に乗りました >>

2010.03.04 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2006.06.11 Sunday

週末を使って

一泊二日の箱根の旅へ行ってきました。
両親の気分転換に少しでも役立てればと思い企画したのですが
無事喜んでもらえたようで何より。
ですが、私の方は湯あたりしっぱなしでした。いまだに死にそうです。
入ってる分にはきもちいいので非常に残念・・どうしたら温泉に強い体質になれるんだろう?

というわけで中華学校シークレットバトン。
あまりにもローカルなネタが多いので、関係者以外の方は
あんまり面白くないと思います。ごめんなさい!

1.12年間。

2.公立小学校のイジメを恐れた両親の配慮により。

3.営団地下鉄(当時はね)南北線で王子→四谷。
それが開通する前は都営三田線で西巣鴨→神保町で新宿線に乗り換えて市ヶ谷まで。

4.あたらしい視点からものごとを見られるようになった。

5.本来不必要な人間関係に悩まされたw

6.バトン(チアリーディング)

7.中3の日文。

8.非常勤講師用の教員室。中3から高2までよく入り浸ってたわー。

9.小学校時代は許老師。あと直接教わったことはないけど、
林老師は話してみて素敵な人だと感じた。
中高時代は川野先生と藤川先生。ここで質問の8とかかわってくるわけだけど、
このお二方とはいつまでもなんでもしゃべってた。

10.ふたりいるけど・・ま、あえて挙げないでおこうかw

11.いつもだいたいはくっちゃべったりマンガ読んだり、思う存分好きに過ごしてた。
廊下でほかのクラスの子達と遊んだり。楽しかったな。

12.中学まではふらふらお散歩、買い食い、ダベリ。
高校あがってからは予備校。

13.えええ覚えてないよ・・・。

14:小・中・高の修学旅行はどこに行った?
小:東北地方(詳細失念)
中:京都大阪神戸
高:北海道

15.正直枚挙に暇がないくらいある。公開しても誰のためにもならないから飛ばす。

16.セクハラは・・日常茶飯事でしょ?特に授業中(笑)

17.×。え、○の人いるんだ??あらーw

18.特に中華学校では口頭による伝達はセーフだと勘違いしているような節があったけど、
それも行為に十分当てはまってると思うw
そういう意味では間違いなく○。あの場においてまったく潔癖だという人はいないはずだ。

19.名前は出さないけど、私のジャージのズボンを毎日のように借りていった人。
先輩という立場にものを言わせていたなw

20.小沢。毎日のようにばかなことやったな。てんつくと一緒に陰謀をたくらんだこともw

21.みんなかわいいさ。

22.正直わからん。

23.李心雨。先輩の鑑のような人だった。中華学校でいちばん尊敬できたな。

24.小学校のころは遊びほうけてた。中高は手抜きしてた。
だからいつも飛びぬけていいほうではなかったようなw

25.8列目くらいにはだいたい座ってたような気がする。

26.生徒じゃないけど、したくてしょうがなかったやつならいるね!(笑)

27.そんな対象がいるとは思えない!

28.黄光衡・・っていったら小学校のときに一緒にいたみんなは笑ってくれる??w

29.どちらもなし。

30.高1は義務教育から開放されてキラキラした毎日を過ごしてた。
高2はよくやんちゃした年だったと思う。教師に直訴したりいろいろと。
高3はどんだけ学校サボれるかってことしか念頭になかった。ゴメンナサイ。

31.際立って自慢できることは特にないけど、そこでの生活全てが
今の私につながっているというのはある意味では誇りだ。

32.中3の運動会で、無事にバトンの発表ができたこと^^
ほかに、この質問を中華学校において印象に残っていることだと解釈するなら、
高1くらいのときだったから・・9年目にしてはじめて一種のカルチャーショックをうけたこと、かな。

33。わかんねー何かを選ぶことは何かを捨てることだからな。
答えは現在模索中。




2010.03.04 Thursday

スポンサーサイト


20:37 | - | - | -

コメント

湯あたりってなんぞや??めずらしいな
2006/06/19 9:10 PM by Koike
のぼせてだるんだるんになっちゃうのよー。
おかげで宿ではほっとんど寝てた(苦笑)
2006/06/21 1:34 AM by ゆう

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://you-and-i.jugem.jp/trackback/110

トラックバック

▲top